御木奈の滝・群(おきなのたき・ぐん) 滝の向き=西 地図 京都府京都市西京区大原野出灰町(いずりはちょう) 出灰川支流不動谷 天気予報
落差:主瀑・御木奈の滝=20m
 "不動谷口"は大阪府で、滝は"京都府”です。
大阪府高槻市緑が丘3丁目の名神高速高架下からr6を10km北上した出灰バス停を右折し1km北上した右側に「せせらぎの里」「出灰不動尊」の看板がある。
近辺の広幅路側に駐車。

京都市南部から金蔵寺>逢坂峠>ポンポン山に抜けるルートは、短距離だがルートが解り難いかもしれないがカーナビで辿ればそれほどでもない。
r171東土川>向日町競輪場>r205北上>r753左折>金蔵寺>逢坂峠越え>大原野森林公園>中畑バス回転場の先で左折>約2.5km「出灰不動尊」の看板となる。

 「出灰不動尊」看板に従い鉄橋で出灰川を渡った不動谷の不動尊のそばを通り出灰川左岸支流の先に修行滝「不動の滝」が落ちる。
「不動の滝」下右岸から案内の無い踏み跡を登り「貴受の滝」>「賛綬の滝」その上流の(谷分伎)で左俣を辿る。

 左俣「蘇津援の滝」「葉九重の滝」は、「蘇津援の滝」下の右岸ロープで高巻く。
岩をへつりロープを辿ると間もなく不動谷主瀑「御木奈の滝(翁の滝?)」に着く。
不動谷口から主瀑「御木奈の滝」まで正味(撮影無し)歩20分程度ですが、川の水量があると遡上歩行できないため時間余裕を見込んでおくのが良い。

 谷分伎に戻り10分たらず荒れた不動谷右俣を辿ると「八渕滝(当方仮称)」。

各滝は下流から
・不動の滝  落差4m程 不動谷
・貴受の滝  落差5m程 不動谷
・賛綬の滝  落差4m程 不動谷
・蘇津援の滝 落差5m程 不動谷左俣
・葉九重の滝 落差8m程 不動谷左俣
◎御木奈の滝 落差20m程 不動谷左俣

・八渕滝(仮称)落差20m程 不動谷右俣

 不動谷は、渡渉・斜面・濡れ岩などがあるのでスパイク長靴がいい。
左俣・右俣共に上流に更に小滝があるようですが辿っていません。

2012/04 「W府境界の滝巡りレポ」〜はじめ
 『W府(京都府、大阪府)境界』の滝巡りしてきたレポ。
今回も、”新・京の滝紀行”の峰さんに、ご同行いただきました。

不動看板

不動の滝

貴受の滝

賛綬の滝


谷分伎

蘇津援の滝

葉九重見え景

葉九重の滝


葉九重の滝下

まげ・御木奈の滝

御木奈の滝全景

はかま・御木奈の滝


ながれ・御木奈の滝

新緑・御木奈の滝

八渕滝(仮称)


当日レポは・・・・・・・・・乙女の滝へ続く。



2018/04 「御木奈の滝再訪レポ」
 「御木奈の滝」群、3人で再訪してきたレポ。

不動の滝

貴受の滝

賛綬の滝

賛綬の滝


賛綬の滝

蘇津援の滝

葉九重の滝

御木奈の滝・全景


御木奈の滝・全景